コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合音取 あわせねとり

世界大百科事典内の合音取の言及

【迦陵頻】より

…古くは,序(2帖),破(3帖),急(1帖),詠詞とあったが,現在は急のみ伝わる。演奏次第は,《林邑乱声》(舞人登場),《迦陵頻音取》(三管音頭と羯鼓(かつこ)が同時に奏する合(あわせ)音取)―急(早八拍子,拍子8,当曲舞)。急の曲のうちに舞人退場。…

※「合音取」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合音取の関連キーワード音取

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android