同害報復(読み)どうがいほうふく

世界大百科事典内の同害報復の言及

【刑罰】より

… キサースとは報復の意。イスラム以前には,報復(復讐)も無制限に行われていたが,イスラム時代には,コーランの規定(2:73)に基づいて同害報復に改められた。同害報復の一つは,ある者が他の者を故意かつ不当に殺した場合,加害者を殺す権利が被害者の相続人に与えられる。…

【喧嘩両成敗法】より

…第2次大戦後も〈法律秩序に反する〉喧嘩については正当防衛をみとめないというかたちで,両成敗法的な考え方は裁判所のなかに残っている。もっとも,この場合正当防衛をみとめられなかった加害者も近代的刑法に従って処罰されるから,必ずしも同害報復をうけるわけではない(相手を殺した者が死刑になるとはかぎらない)点で,本来の両成敗法そのままでないことを忘れてはならない。 ところで1701年(元禄14)の江戸城内刃傷事件で,浅野内匠頭だけを切腹・改易に処したのに対し,世間では喧嘩両成敗の原則に反すると批判した。…

※「同害報復」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android