同志会(朝鮮)(読み)どうしかい

世界大百科事典内の同志会(朝鮮)の言及

【興士団】より

…その目的は,〈務実,力行,忠義,勇敢〉という徳性の涵養を中心に,〈徳,体,知〉3面かねそなえた〈健全な人格〉を創出することにあった。興士団は在米朝鮮人社会の中で一つの政治勢力ともなり,李承晩系の同志会としばしば対立した。20年代に朝鮮内にも姉妹団体ともいうべき同友会が結成されたが,37年安昌浩,李光洙ら会員150名が一斉検挙され解体した。…

※「同志会(朝鮮)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android