名手市場(読み)なていちば

世界大百科事典内の名手市場の言及

【那賀[町]】より

…北部は和泉山脈,南部は紀伊山地北縁の山地で,中央部に紀ノ川が西流し,複合扇状地の和歌山平野が形成されている。紀ノ川北岸にある中心集落の名手市場は大和街道沿いに開けた宿場町,市場町で,旧名手本陣妹背家住宅(重要文化財)が残る。南岸の麻生津(おうづ)はかつて紀ノ川水運の舟着場であった。…

※「名手市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名手市場の関連情報