コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸着ポテンシャル きゅうちゃくぽてんしゃる

世界大百科事典内の吸着ポテンシャルの言及

【吸着】より

…また,ミクロ細孔を多量に有する吸着剤では,吸着質が細孔を充てんしていくという考え方で吸着平衡が説明されることが多く,この場合は吸着平衡式として次のドゥビニン式がよい。ここでwは分圧pにおける吸着量,w0は吸着剤の吸着空間容積,Eは吸着の特性エネルギー,Aは吸着ポテンシャルである。なおAは,Rを気体定数,Tを温度,p1をその温度における吸着質の飽和蒸気圧とすれば,ARTloge(p/p1)で表される。…

※「吸着ポテンシャル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android