コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数分割多重方式 しゅうはすうぶんかつたじゅうほうしき

1件 の用語解説(周波数分割多重方式の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

周波数分割多重方式

アナログ回線の伝送周波数帯域を、複数の狭い帯域のチャンネルに分割して、それぞれを独立させた通信チャンネルとして使う技術のこと。テレビラジオ放送でも周波数分割多重が採用されており、総務省から割り当てられた無線周波数帯域を利用している。FDDとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の周波数分割多重方式の言及

【遠隔測定】より

…この方式にもっとも向いているのは,ディジタル信号の特質として記憶が容易なPCMである。もう一つの多重方式は,周波数帯域を複数の部分的な周波数帯域に分割して,そのおのおのにより複数の信号を同時に伝送する周波数分割多重方式であり,パルス周波数変調(PFM)およびFMに対して採用されている。FM‐FM無線テレメーターの標準方式では,370~430Hzから64.750~75.250kHzまで等比級数的に不等間隔の18分割が行われており,最高周波数成分の周波数が高い測定量に対しては帯域幅の広い副搬送波が用いられる。…

※「周波数分割多重方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

周波数分割多重方式の関連キーワードアナログ回線帯域幅ダウンリンクTDMAPOTSアナログ周波数変更アナログ信号周波数帯域未利用周波数帯域シャノンの標本化定理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周波数分割多重方式の関連情報