咄の者(読み)はなしのもの

世界大百科事典内の咄の者の言及

【咄∥噺∥話】より

… 〈咄〉という漢字に,本来〈はなし〉の意味はなく,〈アア〉というような叱る声,舌打ちする音などの擬声語であったが,室町時代ごろから〈ハナシ〉という訓(よみ)が付けられたらしく,16世紀初頭成立の《文明本節用集》にその例を見る。この訓が一般化したのは室町後期らしく,諸大名の側近に侍して慰安役をつとめた御伽衆(おとぎしゆう)を〈咄の衆〉〈咄の者〉などと呼び,そのなかに機知に富んだおどけ咄をする者がいたことから,江戸時代になると,当意即妙の短いおどけばなしの意味を持つようになった。ただし,落語関係用語以外の用法としても,〈咄したい事もあれども〉(《西鶴諸国はなし》)のように,現在の〈話〉と同様に使用されていた。…

※「咄の者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android