咽頭囊(読み)いんとうのう

世界大百科事典内の咽頭囊の言及

【咽頭】より

…脊椎動物では,消化管の前部で口腔と食道の中間にあり,少なくとも胚の時期にはその両側壁にいくつかの咽頭囊(内臓囊)が前後に並んで発生する部分。咽頭囊は消化管の内壁が側方へ向かってポケット状にくぼんだもので,魚類,両生類幼生および一部の両生類成体では,外界へ開通して鰓孔(さいこう)(えら穴)となり,その前後の壁に多数のえらを生ずる。…

※「咽頭囊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる