唐代四絶(読み)とうだいしぜつ

世界大百科事典内の唐代四絶の言及

【済南】より

… 済南は〈泉城〉の名でも知られるように,南部の山地からの地下水が自噴泉となり,趵突(ひようとつ)泉,黒虎泉などの泉群は,古くから風光明美な景勝の地として知られる。このほか,郊外の霊巌寺は唐代四絶(他に浙江天台国清寺,江蘇南京棲霞寺,湖北江陵玉泉寺)の一つとして著名で,四門塔・竜虎塔などのある柳埠地区,千仏山などとともに,済南の主要な観光地である。また考古学の上で〈竜山文化〉を確認することになった城子崖遺跡も,章丘県竜山鎮にある。…

※「唐代四絶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android