唐塗(読み)からぬり

世界大百科事典内の唐塗の言及

【津軽塗】より

…素地はおもにヒバを用い,重箱,盆,卓など板物が多い。加飾技法のうち,もっとも特色があるものは唐塗(からぬり)である。これは青海(せいかい)源兵衛が創作したといわれ,色漆に卵白を混合した紋漆を特有の篦(へら)で塗って斑文をつけ,その上に各種の色漆を塗り重ねて研ぎ出したものである。…

※「唐塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる