コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回回 かいかい

世界大百科事典内の回回の言及

【回教】より

…日本でも用いられた。中国でイスラムを回回教(回教)と呼ぶようになったのは明代(1368‐1643)である。その由来は,遼代(10~11世紀)に中央アジアの民族を呼ぶ回回という語があり,これは回紇(ウイグル)の語音の転じたもので,回紇が住んでいた中央アジアにイスラム教徒が多かったことによる。…

【回族】より

…人口は約860万(1990)。歴史上は回回,回民と呼ばれるが,自らは穆斯林(ムスリム)と称する。回族とは新しい呼称である。…

※「回回」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

回回の関連キーワードイスマーイール(亦思馬因)ジャマール・アッディーンウッドワード=ホフマン則トゥール・アン・レールトンシャン(東郷)族新疆ウイグル問題トルネード中皿アクシアル結合キラリティートンシャン族総資本回転率メビウスの帯奥田 元宋ボラドール資本の回転イスラム教ドゥンガン六方晶系多価関数対称要素

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回回の関連情報