回虫性肺炎(読み)かいちゅうせいはいえん

世界大百科事典内の回虫性肺炎の言及

【カイチュウ(回虫)】より

…不受精卵には幼虫が形成されない。
[回虫症]
 カイチュウがヒトに感染した場合,幼虫が肺に侵入することにより回虫性肺炎をおこすことがある。とくに一時に多数の虫卵が摂取されると,感染後3日目ころから発熱し,しだいに高熱となり,頭痛,咳,痰,呼吸困難などの症状が出る。…

※「回虫性肺炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報