コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転フラットカード かいてんふらっとかーど

世界大百科事典内の回転フラットカードの言及

【カード】より

…昔は繊維塊から直接糸を紡いでいたが,18世紀になると針を植えた板に綿花を載せて,同様な板でくし削るようになり,これが現在のカードへと発展した。図1に綿紡用の回転フラットカードの模式図を示す。Aは帯状に繊維を集めたラップで,ほどかれて右へ移動し,テーカーインBののこぎり歯状ガーネットワイヤで繊維は削り取られる。…

【紡績機械】より

…いずれも遠心力,空気流により除塵する。(2)回転フラットカード 混打綿機で開繊された繊維塊あるいはラップを鋸歯状のガーネットワイヤで引き裂いてシリンダーに繊維を送り,シリンダー表面の鋸歯状メタリックワイヤとフラットの針布との間でくしけずって繊維1本1本に分離する(夾雑(きようざつ)物,短繊維はフラット側に移りやすい)。ついでドッファーのメタリックワイヤ上に繊維を移してドッファーコームで膜状にはぎとり,かつ絞ってスライバーを作る。…

※「回転フラットカード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android