コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因島荘 いんのしまのしょう

世界大百科事典内の因島荘の言及

【因島】より

…【藤原 健蔵】
[歴史]
 《三代実録》元慶2年(878)12月15日条に〈授備後国無位隠島神従五位下〉とあるのが初見で,《和名抄》(高山寺本)には御調(みつぎ)郡の郷として因島が記されている。1191年(建久2)長講堂領の一つとして目録に姿を現すこの島は,単に因島(のち因島荘)といわれており,島が荘園となった時点には因島は内に小単位を含みつつも,なお全体として一個の単位だったと思われる。鎌倉中期の1276年(建治2)因島は,常光院領三津荘,宣陽門院領因島中荘,同女院領重井浦(のち重井荘)の3ヵ所に分かれており,それぞれの地頭は北条氏一門で,以後鎌倉時代を通じて得宗領だったと思われる。…

※「因島荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

因島荘の関連キーワード因島(島)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android