コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国友則重 くにとものりしげ

世界大百科事典内の国友則重の言及

【網】より

…網結きの道具としては,網針,網駒(網目板ともいう),目抜きなどがある。日本において機械編を発明したのは,東京の国友則重で1886年のことであった。以後,綿糸の使用など漸次発達し,編網機の種類も,本目(ほんめ)編,蛙股(かえるまた)編,無結節編,綟子(もじ)編の4種類にふえ,昭和50年代になると,世界の編網生産高の首位を占めるにいたった。…

※「国友則重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報