コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪谷水哉

美術人名辞典の解説

坪谷水哉

編集者。新潟県生。名は善四郎。博文館編集主幹、のち取締役。「太陽」創刊の編集に従事し、また東京市会議員として都市行政に活躍した。俳句をよくし、句集『俳春秋』の他多くの著書がある。昭和24年(1949)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典内の坪谷水哉の言及

【太陽】より

…96年から99年までは月2回刊で菊判,1900年から月刊に戻って菊倍判,01年から四六倍判に戻る。初代主筆は坪谷水哉(善四郎,1862‐1949)で,以後は高山樗牛(ちよぎゆう),鳥谷部春汀(とやべしゆんてい),浮田和民,長谷川天渓(誠也),平林初之輔ら。論説,政治・経済,文芸などを軸に,内容は広範にわたった。…

※「坪谷水哉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坪谷水哉の関連キーワード坪谷 善四郎編集者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android