場所打杭(読み)ばしょうちくい

世界大百科事典内の場所打杭の言及

【杭】より

…木杭は非常に古くから用いられてきたが,腐食や木材資源の枯渇の問題から現在ではあまり用いられていない。コンクリート杭はその製造方法から工場または現場で製作されてから地中に貫入する既製コンクリート杭と,地中に掘削した穴に鉄筋コンクリートを打設して作る場所打杭とがある。既製コンクリート杭には鉄筋コンクリート杭(RC杭),プレストレストコンクリート杭(PC杭),高強度コンクリート杭(AC杭)などがあり,直径は通常30~60cm,許容支持力はおよそ15~120tである。…

※「場所打杭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android