塔刹(読み)とうさつ

世界大百科事典内の塔刹の言及

【塔】より

…プラン(平面)も方形,八角形のほか六角形,十二角形などがあり,建築材料も塼(せん),木,石,金属など多彩である。塔は,通常,塔刹(とうさつ),塔身,基座の3部からなり,塔刹は,さらに宝珠・円光などの刹頂,相輪,仏蓮などから構成される。南北朝時代の文献の記述や石窟の表現によると,当時主流をなしたのは楼閣式の木塔で,とりわけ北魏洛陽の永寧寺九重塔(永寧寺塔)は史上に名高い。…

※「塔刹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる