コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩冶判官 えんやはんがん

世界大百科事典内の塩冶判官の言及

【赤穂浪士】より

…近松門左衛門は《太平記》の世界の話ということでこの討入事件をとりあげ,《兼好法師物見車(ものみぐるま)》に続けて,1710年(宝永7)には《碁盤太平記》を上演した。吉良上野介義央を高師直に,浅野内匠頭長矩を塩冶(えんや)判官に,大石内蔵助(くらのすけ)を大星由良助(ゆらのすけ)として登場させている。また,討入りから47年目の1748年(寛延1)に義士たちを描いた代表的な人形浄瑠璃が書かれた。…

【浅野長矩】より

…その遺臣たちが翌年12月義央を殺害した事件は有名である。【田原 嗣郎】 赤穂浪士の討入りはその後戯曲等に仕組まれ,浅野長矩は《仮名手本忠臣蔵》では伯州の城主,塩冶(谷)(えんや)判官高貞(定)として登場する。芝居ではおっとりした役柄で,そこが高師直(吉良義央)にいじめられるときや,切腹の場面などで観客の涙をさそうことになる。…

【塩冶高貞】より

…鎌倉末~南北朝期の武士。塩冶判官,隠岐大夫判官と号される。父は貞清。…

※「塩冶判官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

塩冶判官の関連キーワード仮名手本忠臣蔵太平記忠臣講釈お軽/勘平大星由良助吉田兼好尾上梅幸明石覚一塩冶高貞塩冶氏高師直忠臣蔵お岩

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩冶判官の関連情報