コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基解離定数 えんきかいりていすう

世界大百科事典内の塩基解離定数の言及

【酸・塩基】より

Kaを酸解離定数,-logKa=pKaのようにしてpKaを酸解離指数といい,これによって酸性度をあらわす。Kbは塩基解離定数,pKbは塩基解離指数(塩基性度をあらわす)であるが,KbKaと逆の関係にあるからKaあるいはpKaだけで,酸および塩基の強さをあらわすことができる。すなわちpKaの値が大きいほど酸性度は弱く(塩基性度は強く),小さいほど酸性度は強い(塩基性度は弱い)。…

【pK】より

…化学平衡は,(1)酸の解離,(2)塩基の解離,(3)錯化合物生成,(4)沈殿生成,その他化合物の生成,(5)加水分解などの分解反応など,多種多様である。それらのKは,(1)に関しては酸解離定数Ka(酸解離指数pKa),(2)は塩基解離定数Kb(塩基解離指数pKb),(4)は溶解度積Ksp(pKsp),(5)に関してはKh(pKh)などのように下つき文字を付しておのおのの定数を区別し,表現に便宜をはかったりする。【橋谷 卓成】。…

※「塩基解離定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone