塩類下剤(読み)えんるいげざい

世界大百科事典内の塩類下剤の言及

【下剤】より

…下剤には次のようなものがある。(1)塩類下剤 水溶性で腸管から吸収されにくい塩類を用いると,浸透圧によって水分が吸収されず,逆に腸管腔内に水分が吸引され,腸内容が増量し,排便が促進される。硫酸マグネシウム,硫酸ナトリウム,リン酸水素ナトリウムなどが用いられる。…

※「塩類下剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android