コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊死性凍傷 えしせいとうしょう

世界大百科事典内の壊死性凍傷の言及

【凍傷】より

… 凍傷は,緩徐に組織が凍結することによって起こる壊死で,壊死の深さの違いから4段階に分類される。すなわち,表皮のみの壊死で発赤を示す第1度(紅斑性凍傷),真皮の一部までの壊死で水疱を形成する第2度(水疱性凍傷),皮膚全層の壊死で潰瘍を形成する第3度(痂皮性凍傷),皮下の筋肉や骨まで壊死に陥る第4度(壊死性凍傷)の4段階である。第1度と第2度は瘢痕を残さないため表在性凍傷,第3度と第4度は瘢痕や深部組織の欠損を生ずるため深在性凍傷と呼ばれることもある。…

※「壊死性凍傷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android