コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交官試験 がいこうかんしけん

世界大百科事典内の外交官試験の言及

【外交官】より

…このような外交官を養成するため,近代になって,各国は競争試験によって適任者を選抜し,一定期間国内・国外で訓練,研修を施すようになった。この近代的な外交官試験は,イギリスでは1853年ともっとも早く,日本でも93年から開始された。ただアメリカでは選挙の功績に対する報酬として外交官のポストを約束する猟官制の伝統が強く,職業的外交官の登用試験が始まったのはかなり遅れて1924年からのことである。…

※「外交官試験」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外交官試験の関連キーワードジョン・K. エマーソンパン・ギムン(潘基文)サン・ジョン ペルスポール クローデルドミンゴ シアゾンボリス カーロフ堀口 九万一内山 岩太郎田畑 茂二郎石射 猪太郎来栖 三郎幣原喜重郎クローデル河相 達夫佐分利貞夫陸奥 広吉林 久治郎田中 都吉谷 正之武内竜次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外交官試験の関連情報