外側皮質脊髄路(読み)がいそくひしつせきずいろ

世界大百科事典内の外側皮質脊髄路の言及

【錐体路】より

…今日では伝導路は起始と終止を併記する慣例になっているので,錐体路は皮質脊髄路と表記される。また錐体側索路,錐体前索路はそれぞれ外側皮質脊髄路,前皮質脊髄路となっているが,これはラテン学名の直訳でいささかわかりづらい。 一方,外眼筋,咀嚼(そしやく)筋,表情筋,咽頭・喉頭の小筋,舌筋などの頭部の横紋筋を支配する運動神経細胞は,中脳から延髄にかけて分布する脳神経起始核にある。…

【脊髄】より

…大脳の前頭葉にある運動野から下行してきて,脊髄の全長にある前角の運動細胞に結合する。この経路は延髄の下端で大部分が交叉(錐体交叉)して反対側の側索を下行し,外側皮質脊髄路となる。残りは交叉しないで同側の前索を下行する前皮質脊髄路となる。…

※「外側皮質脊髄路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android