コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > 外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約とは

外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約 がいこくちゅうさいはんだんおよびしっこうにかんするじょうやく

世界大百科事典内の外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約の言及

【国際商法】より

…しかし,77年にはかつてのソビエト商業会議所とアメリカ仲裁協会の間で,米ソ取引に関してこの仲裁規則に従って仲裁を行うことができる旨の合意が成立したことに始まり,78年には米州商事仲裁委員会がこの規則をほとんどそのまま採用し,ロンドン仲裁裁判所も補充的規則として採用するなど制度的仲裁にも大きな影響を与えている。外国仲裁判断の執行については,1923年ジュネーブ議定書および1927年ジュネーブ条約を実質的に改訂した,58年の〈外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約〉(日本も批准し1961年公布)が世界の主要国によって採用されており,国際商事仲裁の利用拡大の面において重要な役割を果たしている。 なお,日本では常設仲裁機関として社団法人国際商事仲裁協会がある。…

※「外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外国仲裁判断の承認及び執行に関する条約の関連キーワード国際商事仲裁外国仲裁判断

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android