外性間充織(読み)がいせいかんじゅうしょく

世界大百科事典内の外性間充織の言及

【間充織】より

…動物の個体発生初期に外胚葉と内胚葉との間に形成される一種の結合組織で,突起をもつ星形の細胞がまばらな集団をつくっているので,密な細胞配列をなす胚葉と区別される。外胚葉と内胚葉のいずれに由来するかで,それぞれ外性間充織exomesenchymeと内性間充織endomesenchymeに分けられる。間充織はさまざまな組織や器官の結合組織系の形成にあずかる重要な細胞集団であるが,無脊椎動物のカイメンやクラゲには成体になっても間充織をもつものがある。…

※「外性間充織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android