コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外補の制 がいほのせい

世界大百科事典内の外補の制の言及

【銓選】より

…しかしきわめて多くの人間とポストを組み合わせるため,とかく機械的に流れ,有力者から胥吏(しより)まで含めて情実が横行し,明代15世紀後半には抽選制まで導入された。なお清代には督撫が銓選の一部をにぎる外補の制も行われた。【梅原 郁】。…

※「外補の制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android