コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多聞櫓 たもんやぐら

世界大百科事典内の多聞櫓の言及

【城】より

…大和で勢力をふるった松永久秀の多聞城には,安土築城以前,すでに4階建ての櫓があった。〈多聞櫓(たもんやぐら)〉と呼ばれるのは,戦国時代の城にあった兵士の宿舎となる掘立柱長屋を本格建築に変え,櫓としても使えるよう石垣端に建てたものとみられるが,その起りも多聞城にあった。(4)天守 戦国時代には,城主の居所ともなった櫓を権威のシンボルとしてみたようであるが,信長は安土城において〈天主〉と称する独特の建築をつくってそれに代えた。…

【櫓】より

…これは防火を考慮した白漆喰塗籠(しろしつくいぬりごめ)の建築であった。この形式の櫓が近世城郭に受け継がれ,長屋式の櫓は多聞櫓とよばれた。天守【宮上 茂隆】
[芝居の櫓]
 城郭建築の高楼から転じて,歌舞伎や人形浄瑠璃の劇場において,正面出入口の上にのせた構造物をいう。…

※「多聞櫓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

多聞櫓の関連キーワード三重県亀山市本丸町滋賀県彦根市金亀町亀山(市)人吉城跡広島城跡彦根城跡福知山城福岡城跡多聞山城名古屋城大垣城郡山城駿府城大坂城高知城彦根城彦根市龍野城亀山城多門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多聞櫓の関連情報