コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜の関白 よるのかんぱく

世界大百科事典内の夜の関白の言及

【藤原顕隆】より

…1120年(保安1)従三位に昇り,たちまち参議から権中納言に進んだが,とくに関白藤原忠実が白河上皇の勘気にふれて失脚し,宇治に籠居した後は,〈天下の政,此の人の一言にあり〉といわれるほど権勢をほしいままにした。《今鏡》は顕隆が毎夜上皇の御前に伺候し,言上することはすべて聞き入れられたので,世人は〈夜の関白〉とあだ名したという話を載せている。【橋本 義彦】。…

※「夜の関白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone