大原紹正(読み)おおはらつぐまさ

世界大百科事典内の大原紹正の言及

【飛驒郡代】より

…7代長谷川忠崇の1738年(元文3)以降,常時高山に在陣となった。77年(安永6)12代大原紹正(つぐまさ)のとき,打出し検地の功により布衣郡代に昇進,以後幕末に至る。飛驒郡代の役料は400俵,江戸城では躑躅(つつじ)間詰。…

【飛驒国】より

…1694年から翌年にかけて実施された総検地では,総石高4万4469石余。のち代官大原紹正(つぐまさ)による1773‐74年(安永2‐3)の検地では5万5500石余に増加するが,しかし国中の村数415ヵ村,家数1万5822戸,人口8万4780人(1843)に比すればきわめて低い数値である。ここに端的に示される農業生産力の低さが,近世の飛驒にさまざまな特質を与えている。…

※「大原紹正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android