コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚山 おおつかやま

世界大百科事典内の大塚山の言及

【大根島】より

…中世,焼(たく)島とも呼ばれ,《出雲国風土記》には(たこ)島とあり,出雲郡の杵築御崎(きづきのみさき)にいたタコが天羽々鷲(あめのははわし)に捕らえられ,飛んできてここにおりたことにより,こう呼ばれるようになったという。中央の大塚山(42m)を中心に堅硬多孔質の玄武岩からなる台地状の低平な火山島で,〈島石〉と呼ばれる玄武岩は,石材として移出され,松江城築城にも用いられた。島の東端遅江(おそえ)には溶岩隧道(特天),第2溶岩隧道(天)がある。…

※「大塚山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大塚山の関連キーワード丸山古墳〈奈良県北葛城郡河合町〉長崎県壱岐市芦辺町深江栄触大阪府羽曳野市南恵我之荘奈良県北葛城郡河合町川合神奈川県横須賀市津久井神奈川県平塚市西真土黒塚(くろづか)古墳奈良県北葛城郡河合町大塚山古墳〈奈良県〉大塚山古墳〈福島県〉千葉県香取市三ノ分目大阪府松原市西大塚城山古墳〈奈良県〉高山塚四号古墳真土大塚山古墳高山塚二号古墳高山塚三号古墳会津大塚山古墳高山塚一号古墳川合大塚山古墳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大塚山の関連情報