大直日命(読み)おおなおびのみこと

世界大百科事典内の大直日命の言及

【直日神】より

…《古事記》および《日本書紀》の一書で,この神は伊弉諾(いざなき)尊の禊に際し,枉津日(まがつひ)神に続いて出現する。祝詞に〈咎過在らむをば神直備(かむなおび)大直備に見直し聞き直して〉(《御門祭祝詞》),〈言寿ぎ鎮め奉る事の漏り落ちむ事をば神直日命,大直日命聞き直し見直して〉(《大殿祭祝詞》)とある。また,この神は平安朝に入ると宴会,遊芸の神とされるようになる。…

※「大直日命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android