コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大越作右衛門 おおこしさくえもん

世界大百科事典内の大越作右衛門の言及

【網漁業】より

…また,そのころ日本の漁業生産全体としては伸び悩み状態に当面していたが,その状態から脱出するための高能率漁網開発に最も早く成功したのはこの巻網類であった。すなわち明治20年代に千葉県海上郡椎名内村の千本松喜助らが改良揚繰(あぐり)網を発明し,同じころ関沢明清らによって紹介されたアメリカ式巾着網を,岩手県宮古湾岸鍬ヶ崎の大越作右衛門が導入することに成功した。改良揚繰網はおよそ長さ106間,幅21~22間ほどの麻網で,漁船2隻,漁夫26人を要したという。…

【きんちゃく網(巾着網)】より

…その試験は成功しなかったが,その後もきんちゃく網の導入普及に彼の尽力は大きかった。 日本におけるきんちゃく網導入の成功は,岩手県宮古湾岸鍬ヶ崎の大越作右衛門によってかちとられた。彼は1888年《農商工公報》に掲載された関沢明清のきんちゃく網についての説明を読み,それが優良な漁網であることを確信して試作したという。…

※「大越作右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android