コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野八郎 おおのはちろう

世界大百科事典内の大野八郎の言及

【大野氏】より

…前者は宇佐八幡の神官家大神氏が11世紀に,宇佐氏に追われて豊後に進出したとし,後者は豊後介大神良臣の子庶幾(これちか)が大野郡大領として土着したのに始まるとする。大神惟基の第4子基平が大野郷に土着し,大野八郎と称した。その後,盛基,家基,泰基と続くが,この間に大野荘が成立,大野氏は開発領主となり,12世紀末ごろ,京都三聖寺を領家に戴いた。…

※「大野八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android