コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の服織女 あまのはたおりめ

世界大百科事典内の天の服織女の言及

【神話】より

…スサノオはアマテラスがいた機織の御殿に,屋根から皮をはいだ馬を投げこんだ。すると《古事記》によれば,機織をしていた天の服織女(はたおりめ)が,それを見て驚愕のあまり,手に持っていた梭(ひ)(横糸を通す用具)で自分の女性器を突き刺し,死んでしまった。《日本書紀》には,突然投げこまれた馬を見てびっくりし,梭で自分の身体を傷つけたのはアマテラス自身だったと記されている。…

※「天の服織女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android