コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫婦同氏の原則 ふうふどうしのげんそく

2件 の用語解説(夫婦同氏の原則の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

夫婦同氏の原則

夫婦は婚姻の際、夫または妻の一方の氏(姓)を定め、これを婚姻届に記載する。婚姻届によって新しい戸籍が作られ、氏を変えなかった者が戸籍筆頭者となる。夫の氏を称する結婚が多いことから、女性の自立の障害になるとして夫婦別姓を選択できる民法改正の動きがあるが、どのような新制度にするかについて議論が分かれている。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふうふどうし‐の‐げんそく【夫婦同氏の原則】

夫婦同姓規定

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の夫婦同氏の原則の言及

【婚姻】より


【婚姻の効力】
 夫婦の共同生活は,そのほとんどが婚姻習俗と婚姻道徳によって営まれており,民法は,同居協力扶助の義務,成年擬制,夫婦間の契約取消権,氏の統一(以上を合わせて婚姻の一般的効力といっている)と,夫婦の財産関係を規律する規定をおいているにすぎない。
[婚姻の一般的効力]
 (1)氏の統一(夫婦同氏の原則) 夫婦は婚姻のさいに協議によって夫または妻の氏のどちらかを称することに定め,婚姻中その氏を称さなければならない(民法750条,戸籍法74条,14条1項)。ただし,文学活動や芸術活動のために通称や雅号を使用することはさしつかえない。…

※「夫婦同氏の原則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夫婦同氏の原則の関連キーワード夫婦夫婦財産制復氏(ふくし)義弟義妹重縁配偶者夫婦は二世杯親夫婦同姓

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone