コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥六郡 おくろくぐん

世界大百科事典内の奥六郡の言及

【陸奥国】より

…【虎尾 俊哉】
【中世】
 陸奥国の中世は,12世紀における奥州藤原氏4代(清衡,基衡,秀衡,泰衡)の奥羽両国支配にはじまる。藤原氏が先行する阿倍氏清原氏から受けついだものは,陸奥国では奥六郡(おくろくぐん)(胆沢(いさわ),江刺,和賀,稗貫(ひえぬき),斯波,岩手)の支配権だった。藤原氏はそこを根拠として,その支配を奥六郡以南の地域にのばし,ついに陸奥一国を支配下におさめた。…

※「奥六郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奥六郡の関連キーワード前九年・後三年の役岩手(県)前九年の役陸奥話記安倍貞任藤原基衡安倍頼時清原家衡藤原清衡清原真衡清原武則安倍氏衣川館厨川柵衣川柵平泉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android