コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥鬼怒 おくきぬ

大辞林 第三版の解説

おくきぬ【奥鬼怒】

栃木県北西部、鬼怒川上流の地域。川俣・女夫淵めおとぶち・八丁湯・加仁かに湯・手白沢・日光沢などの温泉があり、温泉郷をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奥鬼怒の言及

【日光】より

華厳滝より上流の奥日光,下流の表日光(口日光)に分けられる。また,日光火山群の北,鬼怒川上流の塩谷郡栗山村を裏日光(奥鬼怒),日光市南部から鹿沼市北西部,足尾町東部を含む足尾山地北部を,前日光と呼ぶこともある。表・奥・裏日光は日光国立公園に含まれ,前日光は県立自然公園に指定されている。…

※「奥鬼怒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奥鬼怒の関連キーワード栃木県日光市川俣[温泉]日光国立公園栗山[村]栃木(県)手白沢温泉日光沢温泉川俣温泉瀬戸合峡梶 龍雄川俣湖栃木県噴泉塔日光市光徳沼山王峠加仁湯鬼怒川川俣日光

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥鬼怒の関連情報