コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女の屋根 おんなのやね

世界大百科事典内の女の屋根の言及

【女の家】より

…愛知や岐阜では,家の女が主人となり男たちを客にしてごちそうをする習慣もある。この日,ヨモギとショウブを軒にさす習俗はほぼ全国に見られるが,これを〈女の屋根〉と呼ぶ地域もある。元来,5月は田植の月で,田の神をまつる女性にとっては重要な慎みの時であり,ヨモギとショウブをさした家にこもって物忌み精進の生活をしたものと考えられる。…

【端午】より

…愛知県一宮市には,葺き籠りといって菖蒲で屋根を葺いたその夜を〈女の家〉といい,客となって訪れる男にフキやソラマメの五目飯を出してもてなす所があるという。男児の節供のごとくいわれるこの日の夜を,女の天下,女の家,女の夜,女の屋根などといって女性がいばる日とすることが,かつては全国に分布していた。これらの伝承は,後に控えた田植のときに早乙女としての重い役割を担う女性が,特定の家に忌みこもって精進の生活をし,田の神を迎えようとしたなごりではないかとされている。…

※「女の屋根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女の屋根の関連キーワード葺き籠り・葺き篭り・葺き籠もり端午の節供女の家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android