女人不浄観(読み)にょにんふじょうかん

世界大百科事典内の女人不浄観の言及

【女人禁制】より

…寺院や山岳の女人禁制は1872年(明治5)の布告第98号によって制度的には廃止されたが,大峰山,高野山をはじめとする霊山では後々まで女人禁制を堅持してきた。一方,女人禁制・女人不浄観を前提として,逆に女人往生を説く教理が成立し,中世に形成された浄土宗・浄土真宗など新仏教が教線を拡大してきたことも注目される。 神祭,神事への女性参加を禁止する習俗も一般的である。…

※「女人不浄観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報