コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女武道 おんなぶどう

世界大百科事典内の女武道の言及

【女方(女形)】より

…女方の役は多岐にわたるが,初期には〈若女方(わかおんながた)〉と〈花車方(かしやがた)〉に大別された。若女方には,遊女(《助六由縁江戸桜》の揚巻),芸者(《八幡祭小望月賑(はちまんまつりよみやのにぎわい)》の美代吉),姫(《本朝廿四孝》の八重垣姫),娘(《神霊矢口渡》のお舟)など,花車方には,茶屋の女房の花車(《恋飛脚大和往来》のおえん),片はずし(《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の政岡),奥方(《菅原伝授手習鑑》の園生の前),世話女房(《傾城反魂香(吃又)》のお徳),奥女中(《加賀見山旧錦絵》の尾上),女武道(《彦山権現誓助剣》のお園)などで,身分,年齢,職業などにより違いがある。原則として悪女や老女には女方は扮さないのを習慣としている。…

※「女武道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone