奴隷解放予備宣言(読み)どれいかいほうよびせんげん

世界大百科事典内の奴隷解放予備宣言の言及

【南北戦争】より

…南部連合にとってはヨーロッパ,とくにイギリスに南部独立を承認させること,連邦にとってはそれを阻止することが,外交の優先課題だった。1862年9月イギリスが南部承認の気配をみせると,9月23日リンカンは軍総司令官の権限で63年1月1日を期し占領地域の奴隷を解放する〈奴隷解放予備宣言〉を発した。リンカンはこの卓越した政治行動によって,イギリスその他のヨーロッパ諸国の南部承認を中止させ,また北部内の自分への批判者にこたえることができた。…

【リンカン】より

…〈私の最高の目的は連邦を救うことであって,奴隷制を救うことでも滅ぼすことでもない〉とする彼は,軍人によるかってな奴隷解放を厳禁した。しかし62年9月22日,軍司令官の権限で63年1月1日を期して占領地域の奴隷を解放する〈奴隷解放予備宣言〉を公布した。これは彼の指導力を批判しはじめた北部を結束させると同時に,イギリスの南部連合承認の動きを中止させたすぐれて政治的な行動であった。…

※「奴隷解放予備宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android