コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔王部 あなほべ

世界大百科事典内の孔王部の言及

【穴穂部】より

…皇子の宮は穴穂宮であって,この宮の経営のため,宮号を冠して設定された部民であろう。《正倉院文書》のなかに現存する721年(養老5)の〈下総国葛飾郡大嶋郷戸籍〉に,孔王部(あなほべ)を姓とするものが546人にも上り,一郷全体を覆っている。これは,5世紀代に,東国に設けられた名代が,族長のもとの共同体を分割せず,そのまま部民に編成し,族長を介して,ミツギ(調),エタチ(役)を貢納させた古い体制をのこしているものと思われる。…

※「孔王部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

孔王部の関連キーワード名代・子代穴穂部常陸国百姓名代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android