学習の関連説(読み)がくしゅうのかんれんせつ

世界大百科事典内の学習の関連説の言及

【練習】より

…それは,神経系の高次レベルではほとんどすべてのニューロンはつねに興奮しているから,シナプスでの信号の通過は絶えず起こる現象であるため,信号の通過だけでは直ちにそのシナプスの伝達の強化につながるとは考えがたいとし,二つの入力が同時に活動する場合に限って強化が起こると主張した。これを〈学習の関連説conjunction theory of learning〉という。小脳の運動学習の場合の小脳皮質神経回路の変化はこれにあたる。…

※「学習の関連説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android