コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇久純玄 うくすみはる

世界大百科事典内の宇久純玄の言及

【宇久氏】より

…宇久覚の時代に下五島方面にも勢力を伸ばし,1383年(弘和3∥永徳3)には本拠を宇久島より福江島岐宿に移し,その子宇久勝は本拠を深江(現,長崎県福江市)辰の口城に移した。宇久純玄のとき,豊臣秀吉から所領を安堵され,文禄の役出兵に当たり,宇久姓から五島姓に改め,1万5000石の近世大名五島氏に発展した。【瀬野 精一郎】。…

【肥前国】より

…旧国名。肥州。現在のほぼ佐賀県,長崎県に当たる。
【古代】
 西海道に属する上国(《延喜式》)。古代の〈火の国〉の一部で696年(持統10)ころまでに,肥前国と肥後国とに分立されたらしい。《肥前国風土記》に,〈肥前ノ国ハ,本,肥後ノ国ト合セテ一ツノ国ナリ〉とある。有明海を介して肥後国と結ばれていたこと,また火君の勢力が広く肥前国にまで及んでいたことから,〈火の国〉と総称されることになったものだろう。《魏志倭人伝》の末盧国(まつろこく)以来,海上交通の要衝を占め,大陸文化を早くから導入していたことは,支石墓群の分布などからうかがえよう。…

※「宇久純玄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇久純玄の関連キーワード福江藩

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android