宇文懋昭(読み)うぶんぼうしょう

世界大百科事典内の宇文懋昭の言及

【大金国志】より

…うち本紀26巻,開国功臣伝1巻,文学翰苑伝2巻,楚・斉国関係の記事3巻,制度その他6巻,宋・金間の誓書1巻,許亢宗奉使行程録1巻。《大金国志》は金から宋に下った宇文懋昭(うぶんぼうしよう)によって1234年(端平1)に編纂されたというが,内容は後人によって大幅に加筆されている。本書は金に関係ある記事を他書から抜粋してそれを編集したもので,しかも架空の物語まで載せてあって史料的な価値は落ちるが,しかし本書にしか見られない重要な記事も少なくない。…

※「宇文懋昭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android