コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安子 あんし

世界大百科事典内の安子の言及

【村上天皇】より

…治世は後代〈天暦の治〉(延喜・天暦の治)と称えられたが,律令体制の衰退は覆うべくもなかった。また親政とはいえ忠平の子実頼,師輔らが政権に並び,皇后安子(あんし)(師輔女)の影響力も大きく,外戚の力は無視しえない。陵は村上陵(京都市右京区)。…

※「安子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安子の関連キーワード輔子内親王資子内親王上田 安子赤松 照幢承子内親王大蔵弥太郎選子内親王冷泉天皇本院侍従藤原公季安達安子安和の変藤原元方藤原伊尹藤原芳子上田安子良貞親王藤原師輔円融天皇藤原兼通

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安子の関連情報