コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安島山 あんとうざん

世界大百科事典内の安島山の言及

【安昌浩】より

…朝鮮の独立運動家,思想家。号は島山。平安南道出身。アメリカ人宣教師H.G.アンダーウッド創立の救世学堂に学ぶ。独立協会運動に参加。1902年渡米し在米朝鮮人運動を指導し共立協会(のちの大韓人国民会)を結成。07年帰国し新民会を組織,みずからも大成学校を創立するなど愛国啓蒙運動で活躍した。10年4月中国へ亡命。再び渡米し大韓人国民会中央総会長に就任。三・一独立運動勃発後上海に渡り,大韓民国臨時政府に参画,内務総長,労働局総弁を歴任。…

※「安島山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android