コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安斎利洋 あんざいとしひろ

世界大百科事典内の安斎利洋の言及

【コンピューターアート】より

…ネットワークアートWWWなどの通信環境を利用して発表されたり,あるいはユーザーが参加することによって構築されるアート。1992年から中村理恵子と安斎利洋によって運営されている《連画》や八谷一彦の《メガ日記》などに代表される,人と人とのネットワーキングを重視した作品のほか,コンセプトとデザイン,システムに工夫されたWebコンテンツ,あるいはMITの前田ジョンの作品に代表されるようなインタラクティブ性のあるティップス(VRML,Java,Shockwaveなど)による作品も多く存在している。95年から町田市立国際版画美術館が開催している〈アート・オン・ザ・ネット〉や,ICCが行った〈Inter Communication'95 on the Web―ネットワークの中のミュージアム〉も有名。…

※「安斎利洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安斎利洋の関連情報