コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安濃津県 あのつけん

世界大百科事典内の安濃津県の言及

【伊勢国】より

…また宇治山田の暦陰陽師が作成した伊勢暦は,全国的に広まり好評を得た。 1871年(明治4)廃藩置県により,北勢に安濃津県(翌年,三重県と改称),南勢に度会県ができたが,76年両県が合併して今日の三重県となった。【深谷 克己】。…

【三重[県]】より

…1868年(明治1)旧天領,神宮領を管轄する度会(わたらい)府が置かれ,翌年度会県と改称された。71年の廃藩置県によって藩はそれぞれ県となり,次いで伊勢国の一志・安濃両郡を境として南北2県に統合され,伊賀国を含む北部は安濃津(あのつ)県に,志摩国を含む南部の度会,久居,鳥羽の3県と紀伊国の熊野川以東,北山川以南の和歌山・新宮(旧紀州藩付家老水野氏領)両県域が度会県となった。翌72年安濃津県は三重県と改称,さらに76年度会県を併合して現在の県域が確定した。…

※「安濃津県」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安濃津県の関連キーワード佐佐木 信綱三重(県)津(市)三重県伊賀国伊勢国津藩津市

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android